読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーまぁの【20kgダイエット】blog☆

アラサーで20kgダイエットに成功した体験談☆

これやったら痩せた。至極単純。

20kg痩せたと言うと、

「何をやったの???」

と、聞かれます。

 

そりゃあ気になりますよね。

そして、その方法を知りたいと思いますよね。

 

私は所謂ダイエット食品は一切使っていません。

ただ、食事制限と筋トレと有酸素運動をしただけです。

でも、これが1番見た目が美しく痩せますよ。

食事制限だけでは筋肉がなくぷよぷよに見えるし、

有酸素運動だけしても、好きなだけ食べていたら痩せるのはかなり難しい。

筋トレは、私にとってはダイエットの起爆剤みたいなものでした。

 

この3つを、更に詳しく説明します!

まずは食事制限。

次の記事に続きます(^^)

ダイエットしてて1番辛かったこと…。

わたし的に、

ダイエットをしていて1番辛かったのは、

食事制限でも、

筋トレでも、

有酸素運動でもありませんでした。

 

1番辛かったこと。

それは、周りの人たちの言葉や態度です。

 

 太っていたら、絶対1度は言われる、

「痩せたら?」の言葉。

でもいざダイエットを始めると、

太っていた時に言われた「痩せたら?」の言葉の方が何倍も優しさがある事に気付きました。

 

ジムに通い出した事を何の気なしに職場で話したら、帰ってきた言葉は

「3ヵ月後も通ってたら教えて」←半笑いで言われた。

 

順調に痩せてきたら、

「ズルイ!」←意味分からん。何もズルしてない。

 

長年通っている美容院の馴染みのアシスタントさんがお菓子を出してくれたので、ダイエット中だから大丈夫だとお礼を言ったら、

「これ食べても太りませんよ!」←これも笑いながら言われた。太らない根拠を医学的に言ってみろコノヤロウ。

 

また他には、太っている時には仲良くしてくれた同僚が、痩せてきたらシカトするようになったとか(←この子はとても痩せている…)。

 

ダイエットしている本人にしてみたら、

食事制限が我慢できないとか、

運動サボっちゃったとか、

そういうのは自分が1番よく理解しているから、

そこを出来ないのが辛い人は、

まぁそもそもダイエットは諦めましょう。

自分に甘すぎです。

 

私はね、

頑張っているからこそ、

周りの心無い言葉に傷付いたなー、と、思います。

 

でも、今になって思うのは、

絶対に1人は、素直に褒めて感動してくれる人いる!ってこと。

私の友人にも、洋服のサイズがSサイズになったと話したら、

素直に感動して褒めて喜んでくれる子がいます。

 

ダイエット中はそういう人とだけ、

仲良くしてればいんじゃないかな(笑)

 

足を引っ張るような発言する人とは、

ダイエット中はなるだけ会わないようにしましょ(๑•̀ㅂ•́)و✧

思い立ったらすぐ行動!!

ダイエットのキッカケは人それぞれ。

でも、思い立ったらすぐに行動しましょう!

じゃないと、せっかく決心してもまたその決心がどうでも良くなるから。

 

さて、ダイエットを思い立った私。

ジムに通おうと決めました。

単純に、運動すれば痩せる!と、思い即入会!

 

この決断が本当に良かった。

ジムで出来たのは運動だけではなく、

食事の仕方の意識改革。

パーソナルトレーナーの方には、

筋トレや有酸素運動の仕方だけではなく、

運動中の水分の摂り方、

食事の仕方も教わることができました。

 

そのおかげで、

食事制限はしていても、ストレスが溜まることはありませんでした。

 

ダイエットは、

食事制限、筋トレ、有酸素運動

これをやらないと達成できません。

当たり前です。

人によっては、辛くて仕方ないのかも。

でも、私にとっては、

ダイエットで1番辛いのは、これじゃありませんでした。

 

じゃあ、何が辛かったのか?

次の記事ではそれについてお話します(^^)

 

 

ダイエットを初めたキッカケとは?

「20kg痩せました」
と言うと、まぁ色んな質問の嵐が降ってきますが、
その中で多いのが、

キッカケは?
方法は?

のふたつ。
その「キッカケ」の方のお話です。

私は、物心ついたころからぽっちゃりしていました。
洋服は基本的にLサイズ。
1番太っていた頃は、LL~3Lサイズの洋服。
号数で言うと。13号~15号ですね。

その、1番太っていた頃、
高校の友人と再会しました。
彼女は台湾人で、台湾は痩せているのが美しいという、根強い文化があります。

そんな彼女と、
高校の時の写真を見ていたところ、
高校時を知らない別の友人が、彼女に向かって
「痩せたね!!」
と、言いました。
すると彼女は
「This is PIG of my life!!!!
と、言ったのです。
直訳すると、
「人生で1番豚だった頃!!」
みたいなものかな。

私は高校の頃は、ぽっちゃりはしていましたが、
バドミントン部と女子サッカー部でしたので、
どちらかといえばガッシリした体型でした。

だから、その言葉を聞き、
強く、思ったのです。

「あぁ、私は今が人生で1番豚だ…!!」

と。
それがダイエットのキッカケ。
もちろん友人は私を馬鹿にして言ったのではないのです。
ただ、「PIG of my life」という言葉が突き刺さったのです。

ダイエットのキッカケって、
人それぞれ。

でも、思い立ったらすぐに行動。
これが、良かったのだと、今でもその時の私の行動力を褒めたいと思います。

私がどんな行動に出たのかは、また次の記事にて。

アラサー“まぁ”がダイエットに目覚めたお話。

初めまして。

まぁと申します。


このブログは、本当に、単純に、

ダイエットブログです。


それも、これからダイエットするんじゃなくて、

実際に20kg体重を減らした、その内容について書いていこうと思います。


ただし、

私のダイエット方法で、誰でも痩せれる訳ではないと思います。


当たり前だけど、

誰にでも、

その人だけの体質があり、

生活習慣があります。


食事にしても、

食物アレルギーがある方もいるでしょう。


私がこのブログに書いた内容をまるっと真似して、

絶対痩せれるとは限らないし、

思わぬ副作用が出るかも知れません。


じゃあ何故、わざわざブログを書くのか。


それは、

誰でも努力すれば痩せられることの証明です。

ダイエットの内容よりも、

いかに私が自分に合ったダイエット方法を見つけたのか、

その過程を残しておきたいのです。


そして、

元々太っていた私だからこそ、

ダイエットの苦しさを1番理解出来ると思っています。


私のダイエットしてきた、約3年を、

書いていきながら、

同時に、更に痩せていきたいと思います。


目指せ、夏までにあと-8kgです!


ともに頑張りましょう(^^)